FC2ブログ

07月 « 2019年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

ご挨拶+ゲームにおける装備云々について

2017年 01月02日 17:58 (月)

ども、septemです。
年が明け、2017年です。
あけましておめでとうございます。今年もseptemをどうぞよろしく。

去年は色々ありました。
今年も色々ある年であり…たいかな。頑張ります。





ご挨拶はこの辺にして本題に入りたいと思います。
・なんでこの話をしようと思ったの?
発端は、あるFPSゲームの動画を投稿している方が、「自分の死体を撃たれたのでご紹介(簡単に言えば晒し)」する動画のコメントに
「そんなんやってるから死体撃たれるんだ、当たり前」
というコメントが1つではなく複数あったんですね。

ちなみに死体撃ちやら晒し云々について私は野良でやってるときは気にしないようにしてるんですが、PTとかワイワイ話しながらやってるときに撃たれたりするとどうしても気になりますね、撃つ理由はどうであれ。
ただ、この件に関しては色々と複雑なのでやめます。脱線しすぎる気もするので…。

戻ります。
見た人は「じゃあ撃たれないようにするにはそれをやめればいいのか」と「強いものを使って勝ってはいけないのか」という2つの考えに分かれるような気がして…。物によりますけど私は後者です。
リアルタイムで他人と繋がるゲームをやる人としてその辺はっきりしておこうかというのが書こうと思った理由の一つですね。
あ、発端といってもこの記事を書こうとした決め手みたいなものですし、そもそも以前から周りがあーだこーだ言ってた事もあり、想うものがあったのでいつかは書こうかなと思ってたんです。


・装備批判は何故起こるの
FPSをはじめとするゲーム(というかゲーム全般)は、さまざまなアイテムなどの選択肢の中から必ず"強いもの"というのがプレイヤーの中で自然と出てきます。FPSだと大抵それが問題になったりで、はい。
じゃあそういう系以外だとどうなるの?てことで色々違いがあるので私のやってるゲーム(今回はPSO2とCOD:BO3とさせていただきます)で例を紹介します。

・PSO2
いろんな人と協力してクリアを目指すこの手のゲームだと、"強いもの"にはいくらか選択肢があり、多少は知恵だったり(特殊能力付けとかその他色々)でカバー出来るところもあります。
じゃあ批判される装備って何よ?
たとえば難易度に合わない装備や未強化装備だったりすると周りから白い目で見られたりするのが増えるんですねぇ…。つまりは寄生ってことですね。
この手のゲームは寄生まがい(もしくは寄生そのもの)の装備がターゲットと、はい。

・BO3
一つ挙げるとしたらGorgonという低レートで高威力の中遠食える武器がありまして…。ただ近距離になるとその低レートと腰撃ち時の集弾率の悪さが噛合って…。
基本待つというかラインの制圧が多いTDMではかなりの強さを発揮しました(寄られなければ)。味方との連携と敵のリスを読めればその強さは、はい。
この強さと位置取りというか待つというスタイルが仇となったのか、これを使ったが故に変なメッセージを送られたりだとか撃たれたりだとか批判が集まった、ということがありました。(私使ってたんですけどメッセとか来たことないんですね、弱いからですかね)。
はい、戦術というかそういう点と強いという点で批判があつまるのが対人ゲームと。


・そういや批判しないみたいな立ち位置だけどグチグチ言ってた時期があるんじゃねぇの?
あります。MW3の始めた当初はゴーサプと言われるレーダーに映らない「ゴースト」と、発砲時にレーダーに映らなくする「サプレッサー」の組み合わせは酷く嫌っておりました。ただ、どのタイミングかは忘れましたが気にならなくなりました。
代わり?に始まったのがスナイパーですね。特にドミネーションの。一言で言えばルール理解してるのかな?と。
2点取られてるのにわざわざ変な所で撃ってたりとか…。おっとこれは武器というよりはプレイヤーの質ですね失礼。

当時そんなこと言ってたのがバカらしく思えますね。「強いものを使って勝って何が悪いのか」


・で?そういった装備批判を産むことに関して悪いのはバランス考えない開発なの?それとも使うプレイヤー?まさか他の何か?
私が考える答えは最後の他の何かです。
それは考えないプレイヤーです。
FPSでいえば"必ずある弱点や対抗手段に気づけない"ということ。やられて顔真っ赤にして同じことやってまた負けて…。正直周りから見ればヤバい奴ですよ奥さん。如何にして弱点を付けるかを考える頭が欲しいですね。すると「立ち回り」とか「エイム力」といった言葉を使わずに解説出来るんじゃないんですか。今でも意味はふにゃふにゃです。

PSO2などのゲームに関してはプレイヤー側に非があるかと。ラキライとかが目立つそうですけど、極端な話じゃあ一定のクエストでは持ち込み×、としたらそれはそれで多分プレイヤーからの批判が…えぇ。
レイド系だとすればクリア後の箱を割るときに付け替えればよかったりしますし、持ち込み×っていうのは先ほどの通り極端ですけど、そういった調整はしても抜け道が出てくるわけで…。結局はどうやって使用者にわからせるかが問題です。


・まとめ
相変わらずのグダグダ感。
共通すると事はと言えば、「もうちょっと頭使いなさいよ」ってことですね。
「たかがゲーム」といってもその「たかがゲーム」にすら頭使えないってそれ相当ですよ奥さん。
まぁあとは練習とか?協力系とかでは一応知識もつけて、はい。

え?対人ゲームでの練習?慣れ程度で良いんじゃないッスか…

振り返ると危険なネタでした、それでは。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント