FC2ブログ

07月 « 2019年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

TITANFALL2 感想

2016年 12月16日 15:16 (金)

お久しぶりでございます、septemです。
以前の投稿以来期間空きましたけれども、書かなかった理由はこれと言ってないんですはい。

今回はみんな大好き「TITANFALL2」の感想です。
一言で言うなら、今年1番楽しかったゲームだと思います。



さてまずはマルチプレイヤーの方からだらだらと。

<ゲームモード・マッチング 等>
ゲームモードですが、賞金稼ぎや消耗戦などの8種類のモードがありますが、サーバによっては人がいなかったりなど中々厳しい面がありますが、人がいれば即マッチングが始まり、接続から30秒程?でマッチが始まります。
このマッチングのスムーズさは他のゲームに勝るポイントの1つではないでしょうか?

マッチングについてなのですが、もうプレイした人はお分かりですが、始まるまで味方や相手がどんなのか、レベルは?等のことが一切分からないというのも魅力です。1回ごとのマッチングで人もがらっと変わったり(サーバの人数が少ないと同じ人と会うこともあり)するのもまた面白い点の一つです。戦績が見れない=その場の実力を見られるのである意味1回のマッチが大会のように感じることも出来…いやわかりませんね

<武器・兵器 等>
システムというか武器云々のカスタマイズですが、大抵握ってる武器は似通っている傾向があり、たまにそのマッチに参加した3分の1が同じ武器握ってるって状況もおかしくない程です。まぁその分状況を見極めた者が上に立つようになってる気がしま…

パイロットにはグラップルなどの戦術アビリティをロードアウト1つずつ設定でき、状況に合わせて変えていくことで戦術をより広げることもできます。たとえば私の場合、「パイロットとして戦うときはグラップルなど移動で翻弄出来そうなもので、タイタンが出始めたらダメージを増やす増幅壁で撃破を狙う」と言った使い分けをしております。

パイロットの武器は似通ってるとありますが、一方タイタンの方は三竦み…みたいなことが起こっており、敵のタイタンに有利な者が前に出て不利な者は援護したり、モードによってはAIキルを稼いだりなどで貢献出来ます。
ただ、コアと呼ばれるいわゆる必殺技で有利不利を一時的に壊すことも出来るので、いかにそのコアを使用するまでに余裕を持てるかがモードによっては鍵となります。

ブーストと呼ばれるシステムですが、結構厄介なものが多いですけどそれを逆に利用することも出来なくはないです。「マップハック」という敵の位置を味方全員に表示するものがありますが、これを逆におびき寄せるということも…考えようによっては出来るかもしれません。

カスタマイズの総評と言ってはアレですけど、たとえ敵がどんな物を使ってきてもそれに対抗する手段をシミュレートするのがこのゲームというよりFPSのミソですから「これがツエー」「あれがウゼー」という暇があったら考えてみてはどうでしょう?

<レベル上げ>
このゲームには武器やタイタン、勢力と呼ばれるいわばオペレーター的なものそれぞれに「レベル」が存在し、それが1つ上がる=パイロット自身のメリットというゲージが1つ上昇し、一定値になるとパイロットにレベルが上がると。わりと簡単です。
ただそこには面白い点があり、すべてに再生というシステムが存在します。パイロットは承認制というか自分の意思で出来るのですが、それ以外は一定レベルの達すると「勝手に」上がるのです。上がると必要経験値が地味に増えます。
つまりどういうことか。同じものしか使っていないとあるところで伸び悩む可能性がある。ということです。
いろんなものを使わせようとする…面白いでしょう?

<ネットワーク>
一言でいうならコミュニティもしくはクランみたいなものです。そしてそれぞれ異なるハッピーアワーの時間があったりします。
所属云々のメリットはその所属するネットワーク内でPTを組んで戦えるということと、ハッピーアワーの時間を調節できる点です。
デフォルトとして入れられている「ADV」は朝の10時です。日本やアジア圏の人は厳しいお時間です。

ちなみにハッピーアワーというのはその時間中に1試合こなすと、先ほどレベルの項で申したメリットが5つもらえます。


マルチでの感想は以上です。
感想というよりほぼ解説だったのは気のせいです。


<キャンペーンについて>
あんまり喋るとネタバレもいいとこなのでざっくり言います。
・評価の通りストーリーは、そんなに長いものではないのですが、プレイヤーを引き込むほどの魅力があるということ。
・(揃うのは最後になってしまうが)すべてのタイタンキットを使えるということ。
・いつでも出来るガントレットはマルチに活きるということ。
・本作のウリの1つであり、マルチのチュートリアル的な意味も感じられるということ。

こんなぐらいです。ラストは思わず涙が出ました。ゲームで出たのはいつ以来でしょうか…


結局ラストは走りましたことをお詫び申し上げます。
ちなみに初代は未プレイですが、それだからこそよかったのかもしれません。プレイ者からするとあまりよろしくないとか…
まぁ初代プレイ者は買って、それを言っているんだよなと願いつつ…

TITANFALL2、興味があれば是非プレイしていただければ!
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント