FC2ブログ

08月 « 2019年09月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 10月

えいりあんあいそれーしょん

2019年 02月10日 08:34 (日)

ども、septemです。
このフレーズを書くのはいつぶりなんでしょうか。
それくらいサボってました。



今回はいつも通り(?)感想です。
タイトルは「ALIEN ISOLATION」
2015年に発売されたゲームで、タイトルからなんとな~く分かる通りホラゲー
映画「エイリアン」のアレです、アレ。

これをやろうってなった経緯ですけども、
発売当初、「ども☆」で有名な実況者さんが、これの動画を作っていたこともあり、前々から興味があったこと、
そして、年末年始のセールがあったこと
そういうことです。

今回は難易度Normalで本編をプレイしての感想になります。
ちなみに僕のプレイはこちら


1.ホラゲーとして
まずこの点が肝になってくるんじゃないですかね。ジャンルとしては。
タイトルの通りエイリアンくんやアレ、スケキヨとか色々なモノに追われる感覚は楽しいです。
そいつらをかわす為、アイテムや「これアリなの?」と言わんばかりのゴリ押しで打開したり…。

これだけ聞くと「あれ?ホラー?」って感じがしなくもないです。
ただ、「所詮アクションゲーか~」なんてやってると、急に脅かされて嫌でもホラゲーだと認識させられます。

つまり、「あーいるな」というシーンから、
どうすればバレずに済むか
みたいなサバイバルアクション要素が常に付き纏うので、やってくるそれを忘れてしまっているんです。
ゲームの難しさを感じると同時に、忘れたころにやってくるサプライズ。
警戒できるようで出来ないんですよねこれが。
決して「アイテム・武器があるから大丈夫だろ」って錯覚をさせつつも恐怖を植え付けてくる。
「びっくり要素がある」「反撃出来るには出来るけど完璧ではない」という自分の求めるホラゲーって感じです。


2.ゲームとして
「ゲームとして」って漠然としませんよね。僕も書いてて思います。
とりあえずここではAI(エイリアンくんたち)を引っこ抜いた、ゲームのつくりというか難易度について触れます。

このゲームは至る所にあるパーツを使って、先述した状況を打開する為のアイテムが作れます。
それである程度ゴリ押せるので、ある程度なんとかなったりします。
が、
耐性がついてしまうアイテムもあり、便利だからって使いすぎると効かなくなったりで、後半えらい考えて動かないと辛くなってくるのは非常に面白かったです。

次にマップのつくりなんですけど、これがちょっと難しい。
進むために、序盤で取った行動を忘れた頃にやったり、そんなところかーってとこに仕掛けがあったり…。
それに気付く為、色んなところを歩き回ってしまいました。
かといって分かりやすいところにギミックやヒントを置いたり、なんらかの捻りがなければ「ゲームとしてどうなの?」って感じもします。
多くてもアレだし、逆に全く無いってのも…。

途中「難しいな、でも無理ではないかな」って感じるぐらいが一人用ゲームのポイントだと思います。
そこにどういう点で難易度を付け足していくかは、各ゲーム会社の腕の見せ所かなと。
ただ、変な方向行き過ぎて評価が分かれる時もあるので、上記のポイントはなんとも言えないんですけどね。
まぁこのゲームは丁度良いと思います。上の難易度はどうなってるか知りませんが


3.総括
やってよかった、その一言に尽きます。
設定等世界観を「エイリアン」から持ってきているのもあって、ストーリーはほぼ満足です。
なんでほぼ?それはラストが不完全燃焼ってのが…はい。
ただアクション含めそれでも十分な出来です。
また、本作は海外版でDLCとして配信されたストーリーも入っているので、気が向いたらやってみたいかと。
数年前の作品ですが、最近のゲームに負けず劣らずなので是非プレイしてみてはいかがでしょうか?

ではまた。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント