FC2ブログ

03月 « 2018年04月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 05月

Racing Wheel Apex

2018年 04月06日 12:15 (金)

ども、septemです。
今日は感想です、周辺機器の。




先日HORIさんのハンコンを購入しました。
何気に初めてのハンコン。
ただ機械にはハンコンとしてではなく、おかしなコントローラーという形で認識させるのだとか…。
どうなんだ一体。

さておき、数時間ほどやったのでどんな感じかって。
まずステアリング。
握る部分をラバーで覆っていることもあり、プレイ中に手汗でズレるとかそういう違和感は殆どナシ。
ボタン類は内側にまとめられ、当たり前と言えばどうなのか不明だが12時のとこにはマーカー。
そして主流のパドルシフト。
安っぽいが押してる感はあるのでオッケー。
雰囲気というかまぁよくできてますわ…。
まだまだ慣れるのがタイヘンだけど楽しいですしね。
そう、この手のものはまず「やって楽しい」と感じないと…。

HORIさんは「勝つための」と題して売り出しておりますが、初心者の私にとって慣れ切っていない為に「勝つ」というワードが遠い。
だからこそ慣れて「勝つ」を意識するまでの期間にどれだけ「楽しい」と思えるか。
買った意味がないじゃ~ん?

なんかズレた。

フットペダルについて。
このハンコンで直面する最大の問題はコイツ。
ステアリングはクランプや吸盤のどちらかを選んで確実に固定できるからまだしも、コイツは下に滑り止めがあるだけで、環境によってはどうにか固定させる術を見つけ出さなければならない。
かくいう私は下がマットなのでポイッとそのまま置いているからなのか、ブレーキを踏む時にそっちに力がかかり過ぎてズレる。
ズレる。
だからそこはどうにかしてくださいというのがHORIさんからユーザーへのお願いみたいなものか。
うーむ。



しすてむ。
このハンコンのウリの一つ、ウイニングモード。
どういうものか、左右140°から左右90°まで最大角を小さくするモード。

言い換えると「大きく切らなくても曲がるようになる」というスグレモノ。
いやぁこれが面白い。
ハンドルで曲がるというリアルさを残しつつも、切り返し速度の両立…。
確かにウリだ。1万3千程と値段も相まって入門にはおススメってなぁ。

その他デットゾーンやら入力度合などの調節もでき、うまく調節してやるとさらに○。
楽しいンゴねぇ。
振動機能もある、本体側で切っちゃってるけど。



まとめ
良い買い物をしたって感じ。
だからあとはフットペダルの問題さえ解決できればなんとか、というところ。
興味があったら買ってみてもいいかもネ。
ではまた。
スポンサーサイト