FC2ブログ

06月 « 2017年07月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 08月

アンケートをね…作った

2017年 07月30日 21:21 (日)

ども、septemです。







今回はアンケート作りました。
えぇ、理由は簡単。

BO3やってたパイロット多いなァって。

しかしCoDからの民だけではないはず…!と思ってTwitterGoogleフォームでアンケート取ってます。

結果は後々発表しようかなって!かなって!
待ってるよ!
スポンサーサイト

縛りプラベをやらなくなったワケ

2017年 07月19日 14:38 (水)

ども、septemです。
今回は適当に名前をつけた「sepルール」のプラベがいつの間にか消えてた訳をおはなしします。







・人が集まらねぇ
なんといってもこれがまず第一。毎回ギリギリで…。
飛び入り参加してくださった方々、ありがとうございました!感謝です。

感謝といえばpostelさんが一番しなくてはならない方ですね。
企画の時点で強く支持して下さり、最後まで励まして下さった一人であります。
ありがとうございます…ありがとうございます…。

とまぁなんでか人が集まらないので結果としてDivE+postelさん+αという図が毎回と言っていいほどに…。


・縛り
思い当たる理由としてはコレ。
なんで縛ったのか、それはとても簡単。
緊  張  感。
え?いらない?競技性が見つからなければ作るんだよ。

しかしこれが裏目に出たのか「自由にやりたい」という考えが先行したのかしてないとか…。
ただ縛りを導入したことによって極端に強い物を省き、割とバランスが良いようになったと個人的には感じているんですけど。
何も伝わらなかったんですかね。

というかこの縛りを作らなかったら大半フェーズオルタにならない?なりませんか?
え?それは錯覚?


・意図が全く伝わらなかった説
取りあえず当時vPメインの人達には伝わらなかったんだろうなって。
一方というかやり始めた時、似たようなのはLTSメインの人達にそういった風潮がありました。

なにかって?パイロットのいないストレスフリーなILTS難民救済
LTS民が抱えるであろうストレス要因を挙げるのならパイロット…。
つまりそういうことですよ。
じゃあvP民がストレスとしていることは?
☆芋☆

ちなみに芋に対する僕個人の意見はどうでも良い。マジでどうでもいい。
どうでも良いなら書かなくても良かったのでは?いやいや…。
一概に「芋」を批判する人の中には「アレコレこういう理由で芋が~」という人もいました。
結局僕はその人に到達できないまま終わったんですけどね。

ズレましたね。
まとめますと、自分達で(ルールを作り、ストレスが生まれる原因を絶った)プラベを開くことによって少しでもストレスを感じさせない場を作る努力をしたのにも関わらず、その意図を汲み取ってくれたプレイヤー(今回の例で言えば参加者)が少なかったから、です。
え?じゃあ伝わるまでやればよかったって?無理でしょ


・この経験から学んだこと
もう言っちゃいますね。
LTS民の姿勢ってええな

は?ってなる人も居そうなのでちゃんと説明しますします。

なんで良いのか。
研究してる点・ストレスを感じない時間を増やしている点。
それぐらいですかね。

ある人は言ってましたけど、マップ及びタイタンの種類がアレな事で他のゲームよりかは研究が楽だと個人的に思っています。
それがTwitterだとよく見えるんですよ。
「この組み合わせは~~のように見えるが~~という利点があるがプレイヤーを選ぶ」
みたいな動画を作っていたり、真似出来るかどうかわからないけど出来ると有利に事を運べるかもしれないちょっとした小技を載せてたり、最近はというとfoiSさんがクラン戦を募集しているのを見たりするなど、頑張ろうという姿勢が前から見えました。

後者に関してですけど、前の項でも書いた
「パイロットのいないストレスフリーなILTS難民救済」
という名目では多分なかったはずですけど、SUTEKKIさんやぶっくまーくさん主催の定期ILTSがありました。

今振り返って見ると頑張る人達が多かったなぁと涙が…。


・まとめじゃないまとめ
DivEは結果がどうであれクラン戦がしたかった。
しかしメンバーのフェードアウトの増加、そしてリーダーの引退によりそれは叶わぬ夢となってしまいました。
ある意味この結末は個人主催のプラベの参加率が何よりのあらわれだったのかもしれません。



やる前から諦めているとしたら、裏を返せば野良を狩りたいという事なのでは?
負けるかもしれないけどダメ元でもやる、どこまで出来るのか奮闘する。
負けたのならそこから次に繋げられる何かを見つけてみる。
勝ち負けがある以上、それぐらいやってもバチなんて当たりませんよ。